多様なカプセル
  • ホーム
  • レビトラ体験談に見るその効果

レビトラ体験談に見るその効果

多様な薬

レビトラの最大の特徴は、即効性です。
体験談を見ても、他のED(勃起障害)治療薬のバイアグラやシアリスに比べて服用から効き目があらわれるまでの時間が短いという点が評価されています。
性的刺激・興奮を受けると、NO(一酸化窒素)が放出されて、局部の細胞にcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)という物質が増加します。cGMPには血管を拡張させる働きがあり、正常な勃起を促します。
それに対して勃起をおさめる作用があるのは、PDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素です。放出されたcGMPをPDE5が壊すことによって、ペニスにある海綿体の血管が収縮して勃起がおさまります。
レビトラは勃起をおさめるPDE5の働きを阻害するので、勃起が持続しやすくなります。
簡単に言えばレビトラは、勃起をおさめてしまう酵素の働きを抑えて、血行を良くする事で勃起をサポートする薬という事です。
レビトラ錠には10mgと20mgの2種類があります。糖尿病性のEDに対しては、バイアグラの10mgや50mgで効果が感じられなかった人でも、レビトラ20mgが優位な働きをしたという報告もあります。
「レビトラをお酒と一緒に飲んだ」という体験談もありますが、これはあまりお勧め出来ません。絶対に一緒に飲んではいけないとは書かれていませんが、お酒に弱い人が一緒に飲んでしまうと、レビトラの血行促進作用によって体に一気にアルコールが回ってしまう危険性があるからです。
また、お酒に強い人でも、普段よりも酔いやすい可能性があります。適量であれば、「かえって気持ちが安定する」という人もいますから、飲む量をコントロール出来るようにしておきましょう。

関連記事